調査相談窓口【無料】
HOME> 中部調査業協会案内(協会の組織と活動)

探偵・調査業界の健全化に努めている団体です。

全国相互調査協力協会様
のご案内
加盟団体

(一社)日本調査業協会とは

内閣総理大臣認可を受け主務官庁を警視庁とする日本で唯一全国組織として公認された一般社団法人です。 中部調査業協会をはじめ全国23ヶ所の単位協会が整備され、約500社あまりの会員を擁しており、 常に業界の健全化に努めてます。<HomePage>
会員資格と入会案内

(一社)日本調査業協会会員中部調査業協会事務局
受付時間 10時~18時

〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内 2-17-6 丸の内ホリエビル7F
TEL:052-232-0330
FAX:052-232-3033
E-mail:mail@chuchokyo.jp

中部調査業協会案内

協会の歴史  会員への支援事業  会員資格と入会案内

中部調査業協会会員への支援事業

中部調査業協会は、調査技術の向上や倫理の徹底、情報交換を図る為に教育研修会を年1回開催しております。また会員に対して収益事業の紹介や広告に対する支援事業など様々な活動を行っております。

1.各種企画 広報関係 ・調査ご利用の手引きの製作販売
・会員用「共同チラシ」の製作
・各種の連合広告の企画推進
福利厚生 ・団体保険(生損保)の斡旋(任意労災や使用者責任保険、
火災、盗難、車両保険など各種)
事業推進関係 ・相互調査制度
・各種事業の企画
2.教育研修会 年1回実施

・道徳、倫理関係
・調査技術、知識などの質的向上を目的とする

社団法人日本調査業協会倫理要網

1.職責自覚 加盟員は、業務の社会的使命を自覚して、職務を誠実公正に行うと共に国民生活に寄与するよう心掛けなければならない。
2.信義誠実 加盟員は、調査は誠実に行って、正確を期し、料金は適正とし業者としての信義を重んじなければならない。
3.法令遵守 加盟員は、業務の遂行に当っては常に法令を遵守すると共に、社会的常識を逸脱することのないようにしなければならない。
4.人権尊重 加盟員は、常に人権の尊重、擁護に配慮し、他人の名誉権益を毀損したり、部落差別調査を行ったりしてはならない。
5.秘密保持 加盟員は、業務上知り得た人の秘密をみだりに他人に漏洩したり発表してはならない。
6.自己研鑚 加盟員は、常に人格を磨き、業務の知識技能の向上に努めなければならない。
7.融和協調 加盟員は、相互に融和協調を計り、団結して業界の発展に努めなければならない。
協会の歴史  会員への支援事業  会員資格と入会案内